2015 嵐のワクワク学校 レポート 東京 6/28 夜


[TOP] [2015年TOP] [日程] [チケット] [課題] [生徒] [グッズ] [写真] [座席表]
[2015レポート ⇒ 6月6日夜6月7日昼6月27日夜6月28日昼]

2015年6月28日(日)17時〜19時44分

▼17時00分:始業、テーマは「四季」 オープニング映像
▼17時05分:先生・生徒「春」 入学式
▼17時13分:二宮先生 「初夏」 田植え(大野、知念)
▼17時35分:松本先生 「真夏」 祭、浴衣(ゆかた)、お盆、盆踊り(太鼓担当:中島)
▼18時00分:大野先生 「秋」 茶湯の心、茶会(亭主:大野、主客:櫻井)、掛軸の文字「両忘」
▼18時26分:相葉先生 「冬」 もちつき(薮、相葉)、年忘れ(伊野尾、岡本、相葉、鐘担当:木)
▼18時52分:櫻井先生 「新年」 ワクワク学校「福男選び」、新年の抱負を立てる(山田)
▼19時22分: 「今日のまとめ」
▼19時27分:先生・生徒「春」⇒ 卒業式
▼19時31分:校歌斉唱「ふるさと」
▼19時34分:会場一周(ふるさとの3番を歌いながら)
▼19時41分:先生(嵐)退場
▼19時44分:終了


オープニング映像 6月28日 17時00分〜04分


■人間国宝 志村ふくみ(染織家、紬織)さん ⇒ 草木染めの糸を使用した紬織で嵐學の文字を表現。
■大野先生 ⇒ 人力車を引いて登場。すれ違った舞妓さんの傘に嵐學の文字。
■櫻井先生 ⇒ 袴姿で登場し、花を活ける。切り落とした花が嵐學の形に。
■松本先生 ⇒ 鷹匠になって登場。鷹を飛ばし、持ってきた布に嵐學の文字。
■二宮先生 ⇒ 着物姿で将棋を打つ。打った駒を裏返すと、嵐學の文字。
■相葉先生 ⇒ 寿司屋の板前。太巻き切ったら嵐學の文字。

入学式 6月28日 17時05分〜13分


【概要】 17時5分に先生5人が入場しました。 大野先生の「皆さん、春といえば何でしょう?」「そう、入学式です。」のフリで、生徒役のHey!Say!JUMPが入場して来ました。 一人ずつ名前が呼ばれて入学しました。 順に、 有岡君(オレンジ)、 伊野尾君(青)、 岡本君(緑)、 高木君(紫)、 知念君(ピンク)、 中島君(水色)、 八乙女君(黄色)、 薮君(黄緑)、 山田君(赤) でした。括弧内の色はJUMPのメンバーカラーです。

二宮和也「初夏」 6月28日 17時13分〜35分


【概要】 米の大切さを学びました。

米は88過程で作られることを学びます。 説明は、(1)「もみを選ぶ」ことから始まり(32)「田植え」まで来ます。 ここで、会場に作られた田んぼで実際に田植えをしました。 田植えのメンバーは、大野君、知念君でした。

二宮「2人の時間を過ごしていいよ。過ごしてもいいけど田植えがあるんです。」
(知念君から大野君に駆け寄り2人で手繋いで移動)
櫻井「知念君、今どういう感覚なの?」
知念「どきどきデート感覚です。」
松本「どーゆー感覚だよ。」
大野「知念君、ピンクのネクタイだしね。女性役で。」
知念「田植えしてると大野君を見る時間がないんですけど。」

田植えをした後に残りの過程(88)まで学びました。

まとめは「お米は日本の宝物、和也」です。
【概要】 真夏の行事について学びました。

夏と言えば、浴衣(ゆかた)ということで、全員が浴衣に着替えて来ます。 浴衣の柄はメンバそれぞれ違いました。 松本先生の柄は水の流れを描いた「流水紋」でした。 松本先生が、相葉君の柄「白飛白(しろがすり)」、山田君の柄「市松」、伊野尾君の柄「七宝」を紹介しました。

夏と言えば「お盆」。お盆には「精霊馬」を供え、「盆踊り」をする。 「Happiness音頭」で盆踊りをやろうということになり、 会場に振り付けをして、皆で踊りました。 太鼓を叩いたのは前回と同じく中島君でした。

櫻井「ふと思ったんだけど。松本さんピカンチの役名もボンじゃない。だから盆(ボン)踊りなんですね。」
会場「(笑)」
松本「そうなんですよ。」
(櫻井君、振っておいて、……。)
二宮「自分から振っといて」
櫻井「(笑)」

まとめは「伝統は世の中を明るくする先祖からのおくりもの、潤」です。
【概要】 「茶湯の心」について学びました。

大野君は、京都の茶道・裏千家「今日庵」を訪れ、茶道について学びました。 まず、茶道の先生にお茶をたてていただき、のみ方を教わりました。 茶碗にお茶が残らないように最後「ズズッ」と吸うのみ方を「吸い切り」というそうです。さらに、お茶の点て方(たてかた)を学ぶことになりました。見よう見まねで、お茶を点てた大野君に先生(教授方:奈良宗久)が「初めてとは到底思えないほど」と評価していました。

VTRが終わり、会場に茶室が登場します。 この日は、大野先生が亭主(お茶を点てる人)、櫻井君が主客(お茶をのむ人)でした。 茶室には、大野先生が書いた掛軸「両忘(りょうぼう)」が掛かっていました。

意味は「両方とも忘れる。良いことと悪いこと、好きなことと嫌いなこと、苦楽、善悪などの両極を忘れて、無我の境地を志向すること。」

まとめは「おもてなしは形より心が大事、智」です。
【概要】 冬の行事について学びました。

師走といえば「餅つき」と「年忘れ」です。餅つき名人(中谷充男さん、上平幹弘さん)をゲストに迎えて、会場に用意した臼(うす)と杵(きね)を使って餅をついてもらいました。 この日は、薮君と相葉君が餅つき担当でした。

薮君と相葉君が餅をついたあと、餅つき名人が杵を1秒間に4回振る速さで仕上げをしました。 つき上がった餅は、先生と生徒で食べました。

餅を食べたあとは「年忘れ」のコーナーになりました。 課題で紙に書いてきた「忘れてしまいたいこと」について取り上げた授業でした。 忘れたいことを読み上げて、忘れることができるように木君が会場に用意された鐘をつきました、ゴーン! この日は、伊野尾君、岡本君と相葉君の忘れたいことを紹介したあとに、会場からの忘れたいことを読み上げました。

伊野尾は「 ワクワク京セラでお風呂に入ってたら薮から電話があって『どこにいる?』『何してる?』としつこくて『うるせーな部屋だよ』と言ったら相手が松本君だった。『おい、ずん』と言われて焦りました。 」でした。

岡本君は「 大野さんのお茶会でシャカシャカしてるときに毎回鼻がムズムズして、くしゃみをこらえるのに必死で、集中できなかったこと。 」でした。

相葉君は「 忘れたい事は沢山ありますが、振り返ると1年ぐらいやってしまってることがあります。それは嵐の歌のレコーディングのときに毎回松潤の鼻にはる鼻腔テープを勝手に使っていました。 」でした。

この後、会場の皆さんが書いてきた忘れたいことの発表があり、紙を会場で燃やしました。 燃やすときに、大野先生が「生ビーム!!」と叫びました。

まとめは「忘れて許して笑顔が生まれる、雅紀」です。
【概要】 相葉君の掛け声で会場とカウントダウンをやって「Happy New Year」の掛け声と共にスクリーンに「HAPPY NEW YEAR!!」の文字が表示されて、続いて初日出が映し出され、櫻井先生の授業「新年」に入りました。

ゲストに、今年の兵庫県西宮神社で参拝の一番乗りを目指して境内を走る「福男選び」で一番になった志和智徳さんに来てもらいました。 授業では、14名(志和さん、先生4名、生徒9名)による「ワクワク学校、福男選び」をやりました。実際に会場を走りました。

櫻井「先生は怒っている。情けないよ。勝ててないじゃん。」
松本「だって陸上部だよ。」
櫻井「今日は、俺も走る。」
会場「ワァー」
薮「先生に1番になってほしい!」
櫻井「お!薮!嬉しいこといってくれるじゃん。ということで進行は二宮さんお願いします。」

相葉君、松本君、大野君が志和さんを取り囲んでじゃましましたが、 結局、志和さんが階段のところで、櫻井君を抜いて、一番福になりました。

次に「新年の抱負を立てる」ということで、嵐のメンバーが過去にどんな抱負を言っていたのかを 『
Beautiful days(2008/11/5発売)』のシークレットトークから検証しました。

検証した結果、 大野君「そろそろ長男がいないと38歳までに次男ができない」、 二宮君「10年後、42歳は本厄」などでした。

その後、JUMPの10年後の抱負を述べてもらうことになりました。 この日は、山田君が抱負を述べました。 山田君「いつか嵐兄さんみたいに大きくなりたい、ドームツアーやりたい、2020年何かの形で携われたらと思います」でした。

まとめは「一年の計は元旦にあり、一月の計は朔(ついたち)にあり、一日の計は鶏鳴(けいめい)にあり。翔」です。
7月20日は『友達の日』ということで、j-stormのホームページで『Thank友(さんくゆう)』葉書がダウンロードできます。



★嵐のワクワク学校 東京公演最終日の会場付近の様子(2015年6月28日掲載)
嵐のワクワク学校最終日の19時30分頃から21時頃までの東京ドーム付近の様子を撮影しました。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

ワクワク学校2015

22ゲート前

JR水道橋駅前

JR水道橋駅前

22ゲート撤収前

22ゲート撤収中

22ゲート撤収中

25ゲート撤収後

★嵐のワクワク学校 東京公演最終日の会場付近の様子(2015年6月28日掲載)
嵐のワクワク学校最終日の10時頃から14時頃までの東京ドーム付近の様子を撮影しました。 写真をクリックすると拡大写真が見れます。

ワクワク学校2015

22ゲート前グッズ

午前公演の下校

午前公演の下校

浴衣で登校

浴衣で登校

浴衣で登校

個性で登校