2013 嵐のワクワク学校 レポート 東京 6/30 1部


[TOP] [2013年TOP] [日程] [チケット東京大阪] [グッズ] [写真] [座席表]
[2013レポート ⇒ 6月29日6月30日1部2部7月13日7月14日1部2部]

2013年6月30日(日)1部

▼始業(11時06分) 開始6分遅れました
▼1時間目(11時19分):二宮先生の
「スヤスヤ」授業
▼2時間目(11時54分):櫻井先生の「チャリンチャリン」授業
▼3時間目(12時15分):相葉先生の「パクパク」授業
▼4時間目(12時40分):松本先生の「チクタク」授業
▼5時間目(13時11分):大野先生の「ワイワイ」授業
▼校歌斉唱(13時38分)
▼会場一周(13時44分)
▼下校時間(13時52分)



★嵐のワクワク学校2013 東京ドームの最終日午前公演(2013年6月30日掲載)
嵐のワクワク学校の東京ドームの6月30日午前公演のときの周辺の様子です。写真をクリックすると拡大写真が見れます。

東京ドーム2日目

看板右から

看板左から

登校中10:41

制服 二宮・大野

制服 櫻井・相葉

制服 松本・二宮

制服 二宮

「スヤスヤ」の授業 2013/6/30 11時19分


二宮「最初の授業は、みなさんが毎日の生活で、必ずしていることだと思いますよ。 絶対みんなが毎日していること。それは睡眠です。 ということで、『スヤスヤの授業』を始めます。」

#チャイム

二宮「寝ると夢を見ますよね、みなさん。 その皆さんが見る夢から、いろんなことがわかる時代になってきてるんです。 なので、嵐のメンバがどんな夢を見ているのか、先生ちょっと知りたい。 今日は、大野君の見た夢を診断していきたいと思います。」

二宮「大野君の最近見た夢というのは、こちら!」
(おじさんが歌ってる絵が出る)
「…、えーと、これはどんな夢ですか?」

松本「大野さん、昨日テレビでやってましたけど、ホント表情の筋肉豊かですよね。」

二宮「大野さんの見た夢はですね、なぜか、石坂浩二さんがニーヨを歌っている。 大野さんいわく、歌番組のリハーサル中とかから、急に場面がNG集になった。 そこで石坂浩二さんが間違えて「あっ」と言っていた。」

櫻井「確認ですけど、ニーヨというのは、ちょっとR&Bっぽいというか、 ノリのいいおしゃれな感じですよね。」

大野「僕、ニーヨを聞きながら寝たんですよ。」
二宮「そしたらニーヨが出てくるのが普通じゃないですか。」
大野「そこなんだけど、石坂さんが出てきて。 過去に仕事したことがあるから出てきたんだと思う。」

二宮「これ、むちゃくちゃな感じがするじゃないですか。 でもちゃんと診断出てるんです。 断片的で場所や人物にあいまいな夢を見る人は、楽観的な性格。 さらに、突拍子もない夢を見る人は、感覚的に行動する 天才肌の傾向がある、ということです」

松本「カッコいいね」
二宮「でも傾向です」

二宮「人は、人生の3分の1、寝てると言われています。 人生80年としたら、27年近く、寝てることになるわけです。 これだけ長い時間寝ているんだったら、悪夢にうなされるより、 楽しい夢をたくさん見たほうがハッピーな人生を送れるんじゃないかなと。」

二宮「そこで、みなさんの眠りがいいものなのかどうか、調べてたいと思います。 スヤスヤセット、カモーン!
(ソファ、登場)
スヤスヤセット、ご用意させていただきました。 メンバの中で、これ気になる人、いるんじゃないですか? いなければ言いましょうか?」

二宮「先生、驚きました。ベッドで寝てない子、いるよ?」

二宮「私、目で言ってます。」
大野「目じゃ、わからない。口で言わないとわからない」
二宮「大野君、これ、君んちの。君が寝てるところ。」

大野「これ、ソファーベッドみたいになるんじゃないの?」
松本「背もたれ、倒れないよ、これ」
二宮「大野君はベッドで寝てないそうです。ソファで寝てます。」

松本「先生、でも僕このあいだ、大野君の家に初めて行ったんですけど、 寝室にベッドちゃんとありましたよ」
櫻井「ないわけじゃないんだ」
二宮「ないわけじゃないらしいんです」

大野「このソファが、いいんですわ」
二宮「授業を受け持つ担任として、信じられません。
大野「そんなにですか」
二宮「だって、シングルベッドよりないんですよ、寝るところ。」

松本「寝返りとか打てないよね」
大野「ちょうどよくて、ちょっと動くと落ちるから、寝返りも打たず、絶対落ちない」
松本「緊張感があるんだ…って、休んでくださいよ」

二宮「今から睡眠診断を行います。いくつか質問していきますから、正直に答えてください。」

二宮「まず、寝間着。」
大野「Tシャツ、短パン。」

二宮「続いて、寝具。どうしてそこで寝てるのかだけ教えてください。」
大野「ま、単純に、ここらへん、好きだからです。」
二宮「まくらとかは?」
大野「手すりです。」

二宮「ここにベッド置いたらいいじゃないですか。ソファを寝室に置いて。」
大野「そしたら僕、寝室に行きますよ。」

松本「そうまでしてソファで寝たいの?」
大野「寝たいんですよね」

二宮「続いて寝る姿勢。どんなかっこで寝てますか?今そこで寝てもらって。」
大野「おやすみ〜」
二宮「寝相はいいんですね」
大野「うん。まったくここから動かない。」

二宮「あと、自分で気になっていることとかありますか?」
大野「いびきかくらしいですね。あと、呼吸が止まっているらしいです。」
櫻井「それ、ヤバいんじゃない?」

二宮「あとは、最後に、どんな風に目覚めているか。目覚まし時計は携帯ですか?」
大野「ちゃんと目覚まし時計です。」
櫻井「ソファにいて目覚まし時計?」
大野「:ここにテーブルがあって、テーブルの上に置いてある。」
二宮「じゃ、ベッド置きなさいよ、もう。」

二宮「さて、出ましたよ、診断結果。 先ほども言いましたけど、あれ、言ってないか。 80点が合格なんですけど」 (徐々にベッド、せり上がる)

二宮「昨日の相葉さんは惜しかった。78点だもん。」
大野「俺、これ確実ですね。ちょっと怖いんですけど。」
二宮「じゃあ、ぐっとつかんでみていただいて。 先に言いますけど、大野さん、絶対落ちます。大丈夫です。」

大野「可能性はないんですよね?」
二宮「ないです(きっぱり)」

二宮「では、大野さんの点数は、こちら!」

二宮「52点!これからベッドで寝てください! それでは、おやすみなさい!」
(ソファ、スロープへ滑り落ちる)

大野「ぐわぁぁぁ〜」

二宮「大野さんね、ソファ、これは絶対ダメだそうです。 寝返りが打てない。リラックスできない。」
二宮「今はまだ若いから、あー若くはない(笑) 体力まだ残ってますからここで寝れてますけど」

二宮「さらに発展させて、見たい夢を見る方法!」

二宮「実は昨日、櫻井君の夢を見るという実験を この場でしました。その結果、8033通のメールをいただきまして、 2499人が見たと言ってます。33%。これすごいです」

二宮「会いたい人に夢で会う方法です。 入場時に配られた、香りのするカード。これを用意してください。」

二宮「今日は松本君と会う設定です。 松本君は、あちらのパネルの前に立ってください。パネルには映画館の風景。 映画館デートです。 皆さんは、上のモニタの松本君を見ながらカードの匂いをかいでください。」

松本「ほら、ポップコーン、食えよ!」

二宮「これであとは、寝るときにこのカードを枕元に置いて寝てみてください。 先生によれば、匂いと映像が結びついて、夢に現れるんだそうです。 ぜひ、スヤスヤ夢実験アンケートにご協力していただきたい。」

http://js-cp.jp/wakuwaku2013/
6月30日 20:00 open
今日のキーワード「×××」

二宮正しい睡眠でいい夢を見れば、 人生のうちで27年がハッピー(和也)


「チャリンチャリン」の授業 2013/6/30 11時54分


櫻井「僕の授業はこちら。『チャリンチャリンの授業』です」

#チャイム

櫻井「つまり、お金の話をしたいと思います。」
櫻井「生徒の皆さんの中で、お金大好き、お金儲けしたいぞ、っていう人、手を挙げてください!」
会場、メンバー「はーい!」
二宮「はーい!はーい!」

櫻井「結構いますね。」

櫻井「お金の話っていうと、嫌悪感を覚える人が日本人には多いみたいです。 だけど、イギリスやアメリカでは学校でお金の授業ってあるんです。」

二宮「正しいじゃない」
櫻井「だから、二宮さん、食いつき半端ないっすね」

櫻井「まさに、お金の話をすることは悪いことじゃない。いいことなんです。 今日は大っぴらに、お金の意味について学んでいきたいと思います。 お金とは、値段とは何かということを考えるために、クイズをやります。」

櫻井「どっちが高い?お金クーイズ! 今から、学校にあるものでAかB、どちらが高いと思うかを答えてください。」

【第1問】
A:リコーダー …… 二宮、相葉
B:トライアングル …… 松本、大野

相葉「リコーダーのほうが作るのが大変なんじゃないかな。 トライアングルは三角形でシンプルだし。」

松本「リコーダーはみんな教材で使うから、たくさん作るから単価は下がるんじゃないかな。」

大野「トライアングルは音の調節がすごい繊細なんじゃないかな」

答え:
×A:1,600円
○B:2,000円

櫻井「トライアングルは、何段階も工程があって作るのが大変で、いい音色を出すのが難しいらしいです。」

【第2問】
A:鉄琴 …… なし
B:木琴 …… 大野、松本、二宮、相葉

相葉「木琴は、木だから全部が同じわけじゃない。音の調整が難しいんじゃないかな」

大野「打つ繊細さは木琴じゃないかな。」
櫻井「自分で打ってみて?木琴歴は何年くらい?」
大野「6日くらい」
櫻井「そうだよね〜(笑)」

答え:
×A:25万円
○B:39万円

櫻井「みんなの言う通り、調律が難しくて、木を数ミリ単位で調整するんだってさ」

櫻井「クイズはこちらで以上です。 物の値段というのが、どのくらいの手間・時間がかけられているのか、 どのくらい安全に作られているのか、とかで決まってくるというのが わかってきたと思うんです。 だから、お金払って何か買うときに、 なんでこんなに高いんだろう、もうちょっと安く買えないのかな、じゃなくて、 素敵にお金を使える大人になってほしいなと、思うわけです。」

櫻井「円というのを拍手に置き換えてみたらどうかなと、 お金というものは、物を手に入れるものじゃなくて、 作ってくれた人に感謝、拍手と考えられるんじゃないかと。 100円が100拍手、1000円が1000拍手とか。」

櫻井「例えば、色鉛筆1本は50円くらい。 この50円を払うために、私たちは誰に拍手をしているのでしょうか。 数えてみました。」

#ビデオ
#色鉛筆に102人がかかわっている。

櫻井「これを売って儲けてやろう、 ではなくて、一所懸命働いて、たくさんの人に拍手してもらおうと考えると よいのではないでしょうか。」

櫻井お金がつなぐ、感謝の連鎖(翔)


「パクパク」の授業 2013/6/30 12時15分


相葉「そろそろおなかが減ってきたんじゃないですか?」
松本「時間がちょうどいいよね、お昼でね」
相葉「僕がやる授業、こちらです。『パクパクの授業』です。」

#チャイム

相葉「今年で3回目になります。一昨年は豚料理を食べながら、命の大切さを学びました。 去年はお寿司を食べながら、漁師さんの大変さを学びました。 今年は、野菜。でもただの野菜じゃないです。 実はこれ、相葉印のおいしい野菜なんです。」

二宮「先生、相葉印が、世の中にそんなに普及してませんので、どういった意味合いがあるのか。相葉さんが認めたってこと?」

相葉「そうです。って、そんなエラそうに言うことじゃないんですけど。でもこれ、すごいおいしいんで、こちらご覧ください。」

#ビデオ
#トマト、キャベツ、カボチャ、トウモロコシ

相葉「というわけで、旬の野菜です。食べたいもの、言ってもらっていいですか?」

メンバー「トウモロコシ!キャベツ!トマト!アスパラ!トウモロコシ!キャベツ!」

相葉「わかりました、わかりました。今日はカボチャとジャガイモのスープを作りましょう。しかも火を一切使いませんので、すぐにできます。」

相葉「アシスタントは今日、櫻井君。カボチャとジャガイモを持ってきてください」
櫻井「それくらいなら、僕でもできます!」

相葉「まず、メンバ紹介から行きましょう」
櫻井「イェー!」
相葉「まずカボチャ」
櫻井「イェー!」
相葉「ジャガイモ」
櫻井「イェー!」
相葉「そしてお湯」
櫻井「湯ー!」
相葉「バター。そして塩、少々」
櫻井「翔!翔!」
相葉「そしてコショウ少々」
櫻井「コ翔!翔!翔!」

相葉「まずカボチャ。固いですが、ジャガイモと一緒にチンしちゃおうじゃないか。 それじゃチンしますよ」
(と言いつつ、電子レンジを開ける)
櫻井「あ、できてるのがあった」

相葉「翔さん、ジャガイモカットしてもらっていい?」
櫻井「OK!って、アッチーッ!」
二宮「すぐできねーじゃん!固くてむけねーのと、熱くてむけねーのと、一緒でしょ…」

相葉「塩、バター、お湯を加えてミキサーで混ぜます。はい、完成です!」

(スープをメンバのさらにそそぐ給仕役の櫻井君)
櫻井「当店のスープは火を使用しておりません」
二宮「なんで火を使ってないんですか?」
櫻井「それは日立の電子レンジの性能がよいからです」

メンバー「いただきます!」
メンバー「うわ、これ、おいしい!うまい!」

相葉「皆さん、メインディッシュまだ出てませんので。」
メンバー「え?」
相葉「こちらです!」

松本「さっきのやつですね。カボチャとジャガイモ。」
松本「これ、チンしただけ?」
櫻井「驚きの美味しさですね」

相葉「この野菜たちは今が旬だからおいしいんです! 旬がなぜおいしいのか、僕、現場に行って調べてきました。」

#ビデオ
#アスパラ、ジャガイモ
#「炊いたらおいしいですよね」「なんだよ、これ〜」
#しっかりと季節と向き合って作物を作ってきたんです。

相葉「アスパラ、生で食べてもおいしかったんですよ」
二宮「その流れだったのね、ジャガイモもいけるんじゃねーかと」
相葉「そう。ジャガイモは炊かないとダメでした」

相葉「僕たちは、野菜や果物から季節を感じ取ることができます。 それは、季節がはっきり移り変わる日本に生まれた僕らならではの特権です。」

相葉旬をいただき、季節を感じよう(雅紀)


「チクタク」の授業 2013/6/30 12時40分


松本「4時間目となりますが、これまでの時間、長く感じましたか?それとも短く感じましたか?」
松本「もし、短く感じたとしたら、それは今この時を楽しもうと集中している証拠だと思います」
松本「そして僕の授業は時間、『チクタク』の授業です。」

#チャイム。

松本「学校で時を刻んでいるチャイムの音。 あの音はいつごろからみんなの学校で時を刻んでいるのかご存知ですか? 実は50年ほど前まで全然違う音でした。 『ジリリリリ…』『カランカラン』っていう音だったり。」

松本「しかし、今から56年前、とある学校の先生が、少しでも学校を楽しい時間に しようと、イギリス・ロンドンにあるビッグベンの音を参考に、 みんなが知っているキンコンカンコンっていうチャイムの音を作ったと言われているんです。」

松本「そのチャイムが、こちら。 日本の学校で一番最初にこの音色を鳴らした、 大田区立大森第四中学校のチャイムを借りてきました。 ちなみに、ワクワク学校が始まった時のチャイム、あれも大森中のチャイムを 使わせていただいたんです。」

松本「実際動かして、みなさんに生で聴いていただきたいと思います。 その当時、国語の教師だった井上先生という先生が、世界中の音を聞いたうえで ビッグベンの音が一番いいとして決めたんです。」

#チャイム

松本「さあ、ということで時間に関する実験を1つやってみようと思います。 1分でどれだけのことができるか、みんなにわかるよう、 嵐のメンバが身体で示してもらおうと思います。 そうです。みんな、思いっきり走る時間です。」

松本「題して、1分でどこまで走れるか、やってみよう!」

松本「毎年恒例と言いますか、ここで授業をやっていても、みなさんに顔を向けられない 時もありますから、みなさんの近くに行って実験をしたいなと思います。 今から先生が1分を計ります。1分でどこまで走れるのかやってみましょう。 もちろん、皆さんには真剣に走っていただきたいのですが、 一人だけがんばんなくてもだいじょうぶです。」

二宮「そうなると話は別だよねぇ!」

松本「くじを引いて、金のボールを引いた人は本気で走らなくていいです。」

メンバ「最初はグー、ジャンケンポイ!」

じゃんけん結果:大野、二宮、櫻井、相葉

二宮「これやっ!」

#二宮君で金が出た

二宮「全力で走りたかったぜー」
大野「全力で走りたかったら交代…」
二宮「決まりだから!」

松本「じゃあ、みなさん、スタート位置についてください。 いきます!ヨーイ、スタート!」

#相葉、櫻井、大野の順
#二宮、会場に手を振りながら悠々と回る

松本「しゅうりょ〜。素晴らしい、みなさん。」

松本「トップ相葉君、そして櫻井君・大野君、3人とも1周を超えました。 相葉君に関しては1周と4分の1。あと10秒あったら二宮君追い越してましたね。」

松本「1分間は意外に長い。こうやって見て、 相葉君、櫻井君、大野君、すごい頑張って走ってもらいました。 そして二宮君は頑張らなかった。この差はすごいつきましたよね。 最初はラッキーと思ったかもしれませんが、この1分が1時間に、 1時間が1年に、1年が10年に。 同じ時間を生きていても、10年頑張った人と、がんばらなかった人とでは、 ものすごく差が出る。」

松本「ということで、時間を大事に使う大切さを少し感じてもらえたんではないかと。」

松本「さて、今、みんなが感じた時間は、 過去から現在、そして未来へとつながっていくもの。」

松本「実は先生、20歳の時に10年後の自分にメッセージを書いて保管しておきました。それからちょうど今年で10年。 こちらに、その手紙を持ってきました。」

松本「今回、こういう授業をするということで、 せっかくですから、みなさんの前で発表したいと思っています。」

二宮「ちょっと待ってくださいよ、先生!」

松本「二宮君、どうしました?」

二宮「その手紙、僕が読みます。 そういうのって、自分で振り返るのってあまり良くないっていうか、 イヤな部分を読まない可能性があるんじゃないかと。」

松本「いやいや、先生そんなことしませんよ。」
二宮「でもやっぱ、読まれたほうが感じやすいと思いますよ。」
松本「じゃあ、わかりました。二宮君、読んでください。」


10年後の自分へ

初めまして。10年後の潤君へ。
20歳(ハタチ)の松本潤です。
30歳の潤君は、楽しく過ごしていますか。
20歳の僕は、いろいろある毎日を、楽しく一生懸命に、生きています。

ここでいくつか、30歳の潤君に質問したいと思います。
失礼します。

芸能界にはいますか?
仕事は何をしてるんだろう。
まだ、嵐5人で頑張っていますか?
活躍していますか?

今の僕は、芸能界のトップを目指しています。

アイドルのトップ、日本のトップ、世界にも出たいです。
今からあなたにたどり着くまで、本気で頑張ってやります。
だから10年後、思い通りの自分になれてることを祈っています。
決意表明です。

身体は健康ですか?
昔から、身体は強いほうではないので、少し心配ですが、
たぶん大丈夫でしょう。

両親、姉は元気ですか?
  → 元気です。

もしケンカしていたら、すぐに!仲直りをしてください!絶対に!

服は買いすぎてないですか?
  → (笑)

今の僕は、少し無駄遣いが多いので、変わっててほしいです。

性格はどうでしょう?あまり変わっていないことを祈ります。
でも、悪くはならないように。

挨拶、感謝の気持ち、礼儀、しっかりやっていますか。
勘違いしてないよね?カッコ悪いからやめて。

今書いたことで、かなっていることがあったら、少しは満足してください。
完璧主義者だから、納得したりしなかったりすることもあると思うけど、
10年前になりたかった自分になれたんだから。
おめでとう or 残念でした。
  → (笑)

30歳になると、先が見えてきちゃったりするかもしれないけど、
挑戦し続けてほしいです。

歌はうまくなりましたか?今、上手になりたくて。
外国語もしゃべりたい。作詞、作曲、ピアノも弾きたい。

いろいろめんどくさいこともたくさんあるだろうけど、
お互い頑張ろう、未来のために。
最近、長生きするのもいいかなぁと思って。
  → (笑)

周りの人と仲良く、幸せな毎日を送ってください。
一度しかない人生を、エンジョイしてね。

頑張れよ、俺。

2004年1月16日 松本潤。


櫻井「まじめだよねぇ。」
松本「意外にまじめに書いてますね。同窓会の時に書いているから、そんなにまじめに書いてないのかなとも思ったんだけど」

櫻井「アイドルのトップ、日本のトップ、でそのまま世界のトップって勢いで行くかなと思ったら、世界にも出たいと思っています、って、すごい冷静だよね」

松本「これを書くきっかけは、10歳の時に20歳の自分へ手紙を書いたことで、20歳の時も30の自分に書いたんですね。 それこそ10歳の時はプロ野球選手になりたいって言ってて、東京ドームで野球見て、 巨人の選手になって東京ドームで野球で活躍していろんな人に見てもらいたいという 自分がいて、20になった時、嵐でまだ東京ドームでコンサートとかやったことなかったころで、 それから東京ドームでコンサートやらせてもらったり、こうやってワクワク学校やったりとか。こう夢がかなっていってるなぁ、と。 いろんな方たちに支えられて今があるかなあと思います。」

松本「今回、先生のこういう気持ちを、みなさんにも味わってほしくて、 10年後の自分への手紙を書いてきてほしいと皆さんに課題を出しました。 課題やってきてくれたという人、手を挙げてください!」

会場「は〜い」

松本「この中から一人、発表していただけたらと思っています。 じゃあ、2階、E25ブロックの31列、38番!」

#マナミさん、14歳
#手紙の朗読

松本「先生たち、応援してます!頑張って!」

松本「せっかくですからメンバにも10年後の自分に向って、メッセージを残してもらいたい。舞台上ということもあるのでビデオレターという形で。では今回は、相葉君。」

相葉「10年後の自分?結構難しいね」


10年後の相葉君へ。

あなたは小学生の時から抱いていた夢、
髭の生えたカッコいい社長さんになれてるでしょうか。
たぶん無理でしょうね。
そんな努力は一切していませんもんね。
そんな話はさておき。

まあ、順当に10年がたてば、きっとワクワク学校も13回されてるかもしれませんね。
もしかしたら。
そしてあなたは、13回、パクパクをやってるでしょうね。
そのころには、料理本なんかも出せちゃうくらい、料理が上手になっていることを
願っていますよ。
料理人の血が入ってますからね。
さぁ、そんな話はさておき。

まじめに考えましょう。まじめに考えますと、
まぁ、ほんとに、40ですから、いやぁ想像するだけでちょっとね、
不安がいっぱい残ります。

でもね、僕はそうやって今まで一生懸命がむしゃらにやってきましたし、
こういうスタイルでしかきっと今後も生きていけないと思うんです。
こう、計画的に自分の思ったようなレールを敷いて、そこに頑張っていく、
というようなやり方は、性格上無理でしょうね。

なので、あなたは、現実を受け止めるしかありませんね。
今でもそう、状況がどうであれ、人には優しくしていてくださいね。
お願いしますよ。

あと、言いたいことは、そうだなぁ、ま、できれば、
10年後も嵐でライブはやってたいですね。
メンバがそれぞれ10年経つわけですよね。
5人とも抜けることなく、健康で、ほんとにもう多くは望みません。
場所はどこであれ、この5人でライブができてたらいいなと思います。

以上、30歳の相葉雅紀ちゃんでした。
失礼します。未来の自分、頑張れ。


松本「はい、ありがとうございました。」
相葉「難しいね、これ」
松本「いや、良かったよ」

櫻井「ヒゲの生えた社長になる夢はあきらめたんですか?
相葉「いや、まだ今現在はあきらめてないんですけど、40にもなると先が見えちゃうかなって」

松本「ということで、相葉君に10年後の自分へのメッセージ、残してもらいましたが、これが10年後、どういう風に見れるのか楽しみですね」
相葉「でもね、みんなで見たいよね。」

松本「『現在』は英語でプレゼントと言います。未来の自分へのプレゼント 与えられた時間をかみしめて、1秒1秒大切に生きてください。」

松本時間は二度と戻らない、大切な財産(潤)


「ワイワイ」の授業 2013/6/30 13時11分


大野「さあ、ということでみんな、今日の授業は楽しめてますかー?」

(会場拍手)

大野「最後の授業になりました。僕の授業はこちらです。ワイワイの…」

#チャイム

松本「タイミング失敗しましたね」

大野「ワイワイの授業です。ワイワイの授業とは何か。」
櫻井「ワイワイって、一人でする感じじゃないよね」

大野「そうなんです。この授業のテーマは「仲間」ですね。 仲間と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。」

メンバー「友達、メンバー、チームプレー、ワンピース」
大野「ワンピース、確かにあれは仲間だな…。」
二宮「あんたがそこに乗っかっちゃだめでしょ」

大野「嵐はなぜ仲間になれたと思いますか?」

相葉「ずっと一緒にいるから」
櫻井「時間だね。時間が仲間にしてくれた」
松本「だって、最初グループ結成したときより、今のほうが「仲間」ってしっくりくるね」
二宮「じゃ、答え「時間」です」
メンバ「どうでしょう?正解?」

大野「んー、正解!」 (爆笑)

大野「理由を僕なりに調べました。VTRをご覧ください。」

#ビデオ
#大野君が被り物をして廊下の影に隠れていて、メンバが歩いてくるときに、
#影から急に「ギャーオ」と叫んで飛び出してメンバを驚かし、どんな反応をするか調べる。

#松本 潤 :驚きのあまりに壁にぶつかった松潤 by 智
#櫻井 翔 :一歩後退しただけだった櫻井翔 by 智
#二宮和也:とっさにファイティングポーズをとって防御してみせた二宮和也 by 智
#相葉雅紀:とんでもない形相で思わずオネエ走りで逃げ出した相葉雅紀 by 智

#リアクッション調査でわかったことは、みんな個性が違うということ。
#この個性があるから、本当の仲間になることができるんです。

#メンバの個性について僕なりに分析してみました。
#メンバと出会ったころから今までのVTRを見ながらコメント。

#二宮和也:「ありがとう、キメ顔、二宮」 by 智
#櫻井 翔 :「ありがとう、タンクトップ、櫻井」 by 智
#相葉雅紀:「ありがとう、汗、相葉ちゃん」 by 智
#松本 潤 :「ありがとう、どこでも脱ぐ、松潤」 by 智
#大野 智 :「昔はとてもクールな少年だったけど、成長してきました」

大野「こんな個性がバラバラの5人が集まったことは運命。5人の出会いに感謝」(BGM:嵐 YOUR SONG)

二宮「先生、拍手ではないと思います」
大野「皆さん、拍手してくれたじゃないですか」

櫻井「なんか、個性の話をするかと思ったらさ、 それが汗だとか、脱ぐだとか、そういうことになってくると、 個性とかと話は別。」
(いつの間にかシャツを脱いで、タンクトップ姿になっている櫻井君)

大野「The個性派、櫻井翔ですよ」
櫻井「個性派ですか、彼」
大野「これが個性です」
櫻井「ありがとう、タンクトップ!」

大野「ということで、会場の皆さん、一人ひとり違う個性を持っている。 その一人一人の力を集めて、ここで一つのことにチャレンジしたいと思います。 今から会場を5つのブロックに分けます。」

大野「Aブロックの皆さんはリズムに合わせて手拍子。
担当:櫻井」

大野「Bブロックの皆さんは胸をたたきます。
担当:相葉」

大野「Cブロックの皆さんは手拍子なんだけど、裏のリズムをとります。
担当:二宮」

大野「Dブロックの皆さんはこれも裏のリズムで、スナップです。」
大野「鳴らない方は…、鳴るまでやってください」
担当:松本」

大野「Eブロックは太ももをたたきます。 タン、タタタンと、これも裏のリズムをとります。
担当:大野」

大野「これで役割そろったんで、Aブロックから順番に音を重ねていきます。
櫻井「昨日判明したんですけどね、Aブロック、道のりがすごい長いですから」
大野「僕が指示しますから、リズムに合わせていきますよ。 じゃあ、リズム、スタート!」

#A、B、C、D、Eと重ねていく

大野「さあ、このリズムに合わせて嵐が歌います。」

#「A・RA・SHI」(会場歓喜!)

大野「一体感があるね」
櫻井「いろんな音が一個になるって、いいね」

大野「こうやって、皆さんと力を合わせると、 僕ら嵐と皆さんはもう仲間ですね。

さあ、仲間とは、似た者同士が集まることではありません。 本当の仲間とは、まずは相手の個性を認める。 それぞれの個性を尊重しながら、同じ目標に向かって、ともに歩む、 かけがえのない存在です。

今年、嵐の曲が合唱コンクールの課題曲になりました。 合唱はうまい人だけを集めても、良い合唱にはならないんだそうです。 いろんな個性が集まって、初めて深みが出て、素敵な合唱になるんだそうです。

金子みすずさんがこういう詩を書いています『みんな違って、みんないい。』

人にはそれぞれ個性があります。 違うからと言って、仲間外れにしたり、いじめたりするのはよくありません。」

大野嵐は5つの個性。違いを認め合うことこそが、仲間のしるし(智)


今回のレポートは個性の違う6名の仲間と共同で作成しました。 ワクワク学校では皆さんがノートを持参して一生懸命にメモを取っていますね。 私たちもメモを全力で書いていても公演の雰囲気を壊さないので頑張ることができます。 サイトの作成にご協力を頂いた仲間とこのサイトを読んで頂いたあなたに心より感謝します。 サイト代表者Arakan(2013/6/30 19:00)


サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2018 0ja.jp (嵐情報サイト)