2012 嵐のワクワク学校 レポート 東京 6月17日2部


[TOP] [2012年TOP] [日程] [ソモソモ] [パクパク] [ニノ母手紙] [グッズ] [写真]
[2012レポ ⇒ 6月16日17日1部2部7月14日15日1部2部16日]

2012年6月17日(日)2部

▼始業(17時00分)
▼1時間目(17時11分):二宮先生の
「カチカチ」授業
▼2時間目(17時32分):相葉先生の「パクパク」授業
▼3時間目(18時00分):櫻井先生の「ゴクゴク」授業
▼4時間目(18時20分):松本先生の「ソモソモ」授業
▼5時間目(19時00分):大野先生の「ゲラゲラ」授業
▼校歌斉唱(19時30分)
▼会場一周(19時35分)
▼下校時間(19時45分)



「カチカチ」の授業 2012/6/17 2部


授業のテーマは「人間の先入観」。 先入観でしばられたカチカチの頭を柔らかくする授業。

「先入観を取り払い 可能性のドアを開けよう」和也


「ゴクゴク」の授業 2012/6/17 2部


授業のテーマは「水の大切さ」。 限りある資源である『水』の大切さを気付かせる授業。

バケツ1杯(5リットル)を1アラシとして実験する。 実験内容は、相葉君がマネキンを使ってシャワーを浴びる設定で、 そのシャワーで使う水を松本君、大野君、二宮君が会場に用意された2つのプールからバケツで運ぶ。 さて、相葉君は何アラシ(何杯)使うか? 使った水は12アラシでした。

「もし、シャワーを浴びているとき、身体を洗っているときにシャワーを止める だけで水の使用は半分になる」ので、心がけが大切。

「シャワー1回=12アラシ」翔


「パクパク」の授業 2012/6/17 2部


授業のテーマは「食材への感謝」。

相葉君が銀座の寿司店で習ったばかりの腕前を披露した。
お魚クイズ(さかなクン監修)の正解者に相葉君が握る寿司をふるまう。

相葉寿司の開店。

相葉「何食べますか?」
櫻井「ガリ」
松本「コハダ」
大野「カサゴ」
二宮「マグロ」
相葉「そこまで食べたいならマグロいこう」

【問題】マグロの仲間はどれ?
A:サバ、B:アジ、C:タイ、D:イワシ

【回答】櫻井・松本・大野がA、二宮がB

二宮「(アジは)ビジュアルですよね」
松本「逆パターンで、サバってちょっとマグロに遠いかなって思って(サバ)」
櫻井「俺は、楽屋でさっき相葉ちゃんがサバって言っていたんだよ(だから)」
松本「そんな凡ミスあるの?」
二宮「ないでしょう」
櫻井「もし言っていて答えが違っていたら相当頭いいね」
相葉「正解は、Aのサバ」
二宮「あ〜〜〜〜〜〜〜」
相葉「聞いちゃいました?」
櫻井「聞いちゃまずいパターンかわかんなかったけど授業の一発目の選択肢にサバがあった」
松本「自覚あったの?」
相葉「ないです」

【問題】"エビ味噌"や"カニ味噌"はエビやカニのどの部分を食べている?
A:脳みそ、B:肝臓、C:脂肪、D:生殖器

【回答】松本がA、櫻井・大野がB、二宮がC

【正解】B:肝臓

「ごちそうさま ありがとう」雅紀


「ソモソモ」の授業 2012/6/17 2部


授業のテーマは「命の誕生」。

命とはソモソモどうやって生まれてくるんでしょうか、 松本先生が一般家庭にお邪魔して出産に立ち合い生命の大切さをリポートした。

そのリポートについてメンバで語った後に、

松本「皆さんにソモソモがあるんです。 そこでですね、内緒でメンバのソモソモを調べてみました」
松本「今日は、誰の発表をしようか。やはり、今日は、」
二宮「やめてよ!」
(笑、会場拍手)
松本「今日、今日こそ、この人のソモソモをやりたいなと思います」
相葉「確かに聞きたい」
大野「確かに聞きたい」
櫻井「聞きたい」
松本「では、皆で言おうか」
相葉「皆でね」
櫻井「そうね」
松本「お祝いだから、せ〜の」
メンバ・会場「ニノ!誕生日おめでとう」
(会場拍手)
メンバ「おめでとう」
二宮「有難うございます」
松本「二宮君は29歳になりました。二宮君、前の方へ」

(ケーキがステージに運ばれてくる)

松本「なかなかないからね誕生日にこういうイベントをやるって」
松本「じゃあ、ニノのために皆で歌おうね。せ〜の」

happy birthday to you ♪
happy birthday to you ♪
happy birthday dear ニ〜ノ ♪
happy birthday to you ♪

松本・メンバ「おめでとう」
二宮「有難うございます」

松本「29年前に二宮君が生まれたということです。せっかくだからケーキ食べてよ!」
二宮「有難うございます。これ!?}
松本「美味しそうなケーキだね」
相葉「ねぇ(笑)」
大野「苺、たっぷり」
二宮「いや」
相葉「取ってあげるね、取ってあげるね」
松本「相葉君、取ってあげて」
二宮「いいよ」
松本「相葉君、取ってあげて」
(なぜか無理に食べさせようとする松本・相葉)
二宮「俺、そんなに得意じゃないだけど」
松本「苺のとこいくのね」
相葉「苺のとこいくよ」
二宮「嫌だな〜それ」
(なぜか食べたがらない二宮)
相葉「食べなって」
(相葉君が二宮君に無理に食べさせる)
相葉「ど〜お」
松本「美味しいよね」
相葉「絶対美味しいよね」
松本「カメラさん、ちょっとケーキ撮ってください」

(ケーキの上には梅干が沢山乗ってる)

松本「今日6月17日、誕生日じゃないですか、 1回目もhappy birthdayを皆に歌ってもらって、ケーキも用意したんです。 同じケーキを2個出してもあれだなと思って。 ニノのお母さんといったら何かなと思って、 ニノのお母さんといったら梅干が印象的だった」(笑)
櫻井「コンサートの時に差し入れてくれるんです」
松本「だから、今回、梅干ケーキにした」
櫻井「あの、いいですか、僕が見たこのサプライズの台本によりますと 『ニノケーキ食べる』『わ〜酸っぱい、何だこれ』『そうです、実はお母さんからの梅干なんです』 が見たものですが、あまりに大胆過ぎないですか、これ!」
二宮「見て(梅干って)わかるでしょ」
櫻井「僕のイメージじゃケーキの中にあるやつが梅干とかだった」
松本「でも苺に見えるように(梅干に苺の)ヘタをちゃんと付けたんだよ」
二宮「まさに、わかるパターン」
松本「本当にこの梅干美味しいだよね」
相葉「美味しいよね」
大野「美味しい」
櫻井「美味しい」
二宮「有難うございます」
松本「おめでとうございます」

松本「二宮君、29歳の抱負を」

二宮「有難うございます。祝っていただき。 29歳になって、特に、何かが変わることもなく、毎日楽しく生きてます。 さあ、30、40、50になっても、ときどき金髪にして見ようと思います。 頑張っていきます。有難うございます」

松本「さっきも言いましたけどメンバのソモソモについて調べさせてもらいました。 皆さんのお父さん、お母さんにご協力いただいて。 今回ニノのお母さんに色々聞かせてもらいました」

【Q1】ソモソモ息子さんが生まれてきた時のことを覚えていますか?
【A1】お腹の中で大きく育ってしまったのて、 力んでも力んでもなかなか生まれなくて大変でした。 生まれたときの体重は3900gで生後1ヶ月の子と同じくらいの体重でした。

二宮「そおなんですよ、大きいですよね」
櫻井「これ聞いたことあったの?」
二宮「これはあった」
松本「3000でたぶんでかいよね。俺も3200か3300ぐらいだった」
櫻井「でかいよね」
松本「それでもでかいねと言われていたけど、それ以上ですから、 生まれたときに生後1ヶ月の子と同じだからね」
相葉「母ちゃん超頑張ったということですよ」
二宮「そうだろうね」
相葉「時間もかかっただろうから」
松本「力んでも力んでもって言ってますからね」
櫻井「出るタイミング間違っちゃたのかな」
二宮「そう言う事だよね、予定日だったのかな〜?」
二宮「小さい頃の写真はすごく丸いですよ」
大野「でかいからね」
二宮「水風船みたいに」
相葉「ぼん」
松本「そんなわけない、そんなわけない」

【Q2】名前はどのように決めましたか?
【A2】画数にこだわっていくつも考えた名前を易学の知識がある叔父にみてもらい決めました。 穏やかで人の和を大切にする人になって欲しいという思いを込めました

松本「聞いたことありました?」
二宮「なかったです、これは」
松本「和也って」
櫻井「穏やかで人の和を大切にするって」
松本「俺ら5人で居ても、ニノって人に話しかけたりとか、 誰かとコミュニケーションとることが多いじゃないですか」
櫻井「そうだね」
二宮「そうですね」
松本「本当に『名は体をあらわす』と言いますけど、あらわしていますね」
二宮「ねぇ。そうすると也(ヤ)はどうなったのかな」
櫻井「あ〜、でも、あれじゃないの、ほら、金1万円也(ナリ)とかあるじゃないですか、 『穏やかで和を大切にする人ナリ』とか」(会場爆笑)
二宮「あ、そこから来てるんだ、そうなのね」

松本「和也って他にも候補があったんだって」
二宮「和也の他に候補?」
松本「大と書いてヒロシにするつもりだったらしいです」
二宮「あぶねー」(会場笑)
松本 二宮 大 ニノミヤヒロシ
二宮「何かあぶねー」
相葉「別にいいじゃん」
大野「かっこいいじゃん」
櫻井「ヒロシ自体は、大でかっこいいけど、 二宮大とくるとなんか迫りくるよね名前が」
松本「すごい日本ぽいね」
大野「昔の人みたい」
相葉「なんか駅の名前とかにありそうじゃない」
松本「二宮大学前とか」
相葉「バス停みたいにさ」
二宮「あぶねー」
松本「という候補もあったけど最終的に和也ということで」
二宮「なんかいきなり違う名前が出てくるとあぶねぇ〜と思う」
櫻井「カメラ目線でヒロシですって言ってみて」
二宮「ヒロシです」
松本「でもヒロシぽくないね」
櫻井「ないね確かに」
二宮「3文字じゃないな」
松本「ニノの名前って4文字で見慣れているからね」
大野「そっか」
二宮「そうだよね慣れだよね」
相葉「最初からヒロシだったら絶対ヒロシだし」
櫻井「そりゃそうだ」
二宮「やだよ、だって遠くから見たら犬と変わらない」
松本「二宮犬」

【Q3】息子さんとの思い出を作るためにしていたことはありますか?
【A3】息子が2歳の時から働き始めたので、仕事終わりにはずっと一緒に居ました。 夏には必ず旅行に行きました。抱きしめたり、頬ずりしたり、スキンシップは常にやっていました。 親は彼方のことがとっても好きなのよっていうのを身体で表現していました」

松本「何か覚えていますか?」
二宮「僕、家が凄く好きだった。だからね旅行とか行っても、あまり笑ってない」
松本「家が好きだったから」
大野「家が好きだから」
櫻井「でも夏は旅行に連れて行ってもらったでしょ?」
二宮「海、とかかな〜」
松本「お母さんが働いていて一緒にいられないから夏は一緒に行こうと」
二宮「そうなんですよね」
松本「お母さんに愛されているんだなと思いました」

松本「そして今日はお母さんから二宮君に手紙をもらっています。 今日6月17日は2回公演なのでお母さんがわざわざ2通書いて下さいました」
(え〜、会場どよめき)
櫻井「凄いね」
松本「昼前に読んだものと内容が違います」
二宮「また違うんですね」
松本「代わりに読まさせていただきます」

----------
和、誕生日おめでとう。

中学1年生からジャニーズに入ったので、 学校の思い出と言ったら小学校のときのことが多かったと思います。

低学年のとき、いじめられて、学校に行くのを嫌がって 集団登校などに遅れて行くことがありました。 お腹も良く痛くなって精神的に不安定でした。

高学年になってからは、 放課後は、校庭でボール遊びをすることが多かったですね。
確か5年生のときにクラスでいじめがありました。 担任の先生に聞いたのですが、 あなたはいじめに加担することなく いじめられている子に普通に接しているとのことでした。

また女子更衣室を覗こうと誘われたとき、 僕はそんなことしたくないと言って断ったと聞きました。 断るのって勇気がいるので本当に嬉しかったです。

友達もたくさん家に来ました たこ焼きを焼いて食べながらゲーム三昧でしたね。

あなたは外で知っている人に会うと ちゃんと帽子をとって挨拶していたそうで、 今でも褒められます。 あるお母さんの話では「マダムキラー」と呼ばれていたそうです。

お爺ちゃん、お婆ちゃん、ジュンちゃんをはじめ、 みんな、みんな、カズの活動を喜んでくれています。 その期待を裏切らないよう、 みんなに喜んでもらえる仕事を続けてください。

コンサートで元気をもらっている私は、ず〜とあなたと嵐の大ファンです。

平成24年6月17日
ニノママ
----------

二宮「有難うございます」
松本「(手紙渡す)おめでとう」
二宮「有難うございます」
松本「本当にニノのお母さん有難うございました」
櫻井「二宮さん、その女子更衣室事件覚えていますか?」
二宮「覚えていますね、女子更衣室覗こうぜみたいな」
櫻井「小学生男子にありがちなね」
二宮「そうなんですよ。ただね〜、遠かったんですよ」
櫻井「はははー、場所が」
二宮「面倒くさいなみたいな」
松本「断った理由ってそういうこと」
二宮「5、6年生のときは、3階とかでした。ほとんど教室から出なかったですよね」
相葉「面倒くさかったのね」
大野「面倒くさかった」
櫻井「でもそれはかなり評価されるべきことじゃない」
松本「お母さん印象的だったみたいですね」
二宮「でもね、俺、高学年かと思ってたんですよ、いじめられていたの」
松本「低学年って言っていたよ」
二宮「低学年だったよね。じゃあ、俺ずっといじめられてたの」(笑)
相葉「そうじゃないでしょ」
二宮「まあ、そういうことがあったから、 (いじめが)繰り返されることに嫌気がさしていたんでしょうね」
松本「5年生のときにね」
二宮「なんか大人だったような気がします」
相葉「大人だったね、マダムキラー」
櫻井「マダムキラー」

松本「どうですか、今、読んでますが」
二宮「いや嬉しいですよね、やっぱりね」
大野「手紙なんか書かれることなんてないものね」
松本「ニノママ有難う」

「ソモソモについて考えると すべてが大切に思えてくる」潤



「ゲラゲラ」の授業 2012/6/17 2部


授業のテーマは「笑顔」。 笑いの持つ力を知らせる授業。

大野「今から、ゲラゲラ選手権を行います。」

選手権の内容は2人づつ対戦してどちらがいい笑顔かを鳥さん(パソコン)が判定する。
・一回戦
- 相葉君と二宮君が戦って相葉君の勝ち
- 櫻井君と松本君が戦って松本君の勝ち
・二回戦
- 相葉君と松本君が戦って松本君の勝ち
・決勝戦
- 笑顔マスター(大野君)と松本君が戦って松本君の勝ち
☆松本君の優勝

大野君が歌った「笑いの唄」の歌詞
-----------------------
笑顔、それは、素敵
笑顔、それは、大切
笑顔、それは、大事
だ〜か〜ら〜
みんな笑顔になれ!
みんな笑顔にもっとなれ!
みんな笑顔に、笑顔、笑顔に
な〜あ〜〜〜れーーーーーーーーー
-----------------------

櫻井「大野さん。明日テレビに流れると思って、最初躊躇してましたよね。 途中からノリノリになりましたよね」
二宮「たぶん明日のワイドショーは、貴方だけが映っていることでしょう」
大野「(カメラに向かって)いい使い方をお願いします」(会場笑)

「笑いとは 人間だけが持つ ステキな才能」智




サイトマップ嵐情報Discography(アルバム・シングル)映画・ドラマコンサートワクワク学校お問合わせ・免責
Copyright©2008-2018 0ja.jp (嵐情報サイト)